「私たちの学校にはサヨコという不思議な言い伝えがある」。一度聞いたら耳から離れないテーマ音楽に乗せて描かれる、とある中学校で語り継がれてきた「サヨコ」という伝説に翻弄される中学生の物語。謎めいた転校生の登場に始まり、幾重にも張り巡らされたミスリードの数々と、“子ども向け”であることに甘んじないソリッドな演出。2000年に放送された、恩田陸原作の「六番目の小夜子」は、いま観てもまったく色褪せることなく鮮烈であり続ける、不思議な魅力を持った作品である。

物語の舞台は2000年、それは3年に1度やってくる「サヨコ」の年だった。サヨコに選ばれた生徒の元には鍵と指令が届けられ、始業式の朝に赤い花を活けること、文化祭で「サヨコ」という芝居を上演すること、そして卒業するときに次のサヨコを指名すること。これらを誰にも気付かれずに全うすれば、大いなる扉が開かれるという。その伝説を知ってからサヨコになりたいと憧れていた潮田玲(鈴木杏)は、幼なじみの関根秋(山田孝之)が今年のサヨコに選ばれたことを知り、鍵を奪って自分がサヨコを務めようとする。しかし始業式の朝、赤い花を活けようとするが誰かに先を越されており、さらに玲のクラスに津村沙世子(栗山千明)という転校生が現れるのだ。

■鈴木杏、栗山千明、山田孝之、松本まりか…原石たちのきらめく存在感

21年の月日が流れ、このドラマがある種の伝説と化している理由を探れば、それは間違いなくキャスト陣の大成によるものであろう。当時すでにトップクラスの人気子役で、現在では主演のみならず名バイプレイヤーもとして活躍をつづける鈴木杏を筆頭に、この年の暮れに『バトル・ロワイアル』(00)に出演したことをきっかけにクエンティン・タランティーノ監督の『キル・ビル vol.1』(03)に抜擢される栗山千明。ほとんどデビュー作に等しかった山田孝之はコンスタントにキャリアを積み上げ日本屈指の性格俳優へと成長を遂げ、その弟役を演じた勝地涼も然り。

そしてなんといっても本作で演技デビューを果たした松本まりかは、15年以上の歳月を経て遅咲きの大ブレイクを果たす。また当時すでに舞台で主演経験のあった山崎育三郎にとって、本作は少年時代に出演した唯一の映像作品であり、病弱な優等生という“ミュージカル界のプリンス”の称号をほしいままにしている現在とはまるで異なる雰囲気を放ちつつ、たしかにそこに豊かな表現力の片鱗をのぞかせる。とはいえ、このような若手キャストの大成というのは学園ドラマには昔からよくあるものだ。

■世紀末の小中学生を魅了した「ドラマ愛の詩」

彼らが第一線の俳優として成長したことが、このドラマの価値をいまなお高く維持していることは紛れもない事実であろう。しかし放送当時からすでに、ほかのドラマとは違う温度感で迎えられた特別な作品ではなかっただろうか。それを証明するように、このドラマが放送されたNHK教育(現在のNHK Eテレ)の「ドラマ愛の詩」枠のなかでも随一の人気作として、2004年に同枠が終了するまで毎年のように再放送がされたぐらいだ。

この「ドラマ愛の詩」枠は、主に小中学生向けのジュブナイル作品が放送されたドラマ枠である。有名なところでは「ズッコケ三人組」や「双子探偵」など、特にいまの30代前後にとっては語り尽くせないほどの思い入れを持つ人も少なくないはずだ。劇中の登場人物たちと同じ2000年の中学生は、1990年代後半に流行した「学校の怪談」シリーズなどと共に成長してきた世代であり、自分たちと同年代の俳優たちが演じる、自分たちと同年代の登場人物たちが繰り広げる物語を、小学生の頃から思う存分享受できた稀有な世代でもある。

中学生は社会的には子どもとみなされる反面、精神的には子どもから大人へと成長を遂げようとしているタイミングに置かれている。その狭間では必然的に大人が観る映像コンテンツへの憧れも強くなるものであり、しかも同じ時期には「リング」シリーズをはじめとしたJホラーという少し上の世代に向けられたホラージャンルが過度期を迎え、ホラーのテイストを持つジュブナイル作品は衰退の一途をたどりはじめる。つまりその真っ只なかに登場した「六番目の小夜子」は、当時の中学生にとってジュブナイル作品からの卒業を告げ、大人へと成長するための扉を開けてくれる作品として魅力的に映ったのではないだろうか。

■「六番目の小夜子」が問いかけた、“自分自身とはなにか”

ドラマの前半は、もっぱらミステリアスな転校生の存在によって物語がかき回されていく。そして「サヨコ」という概念に導かれるようにして友情を深めていく玲と沙世子が、見えざる“妨害者”の存在と「サヨコ伝説」のルーツを追いながら、日本のドラマ史上でも突出した緊張感と驚きに満ちあふれた文化祭のシーンに達する。そして終盤にはすべての謎の答えが明かされていきながら、いくつもの問いを投げかけてくる。サヨコとはなにを象徴していたのか、学校とは、友情とは、家族とは。そして自分自身とはなにか。

この作品の描くテーマについて考えれば考えるほど、中学生がそれまでの人生で得た漠然とした知識や経験を自分のなかで形あるものへと変えていく作業へとつながる。しかもここで気付きを得て、大人になるための糸口を掴んだ彼らは、このドラマの数か月後に『バトル・ロワイアル』という作品をめぐる一連の出来事により、自分たちはまだ子どもであるという事実を突きつけられてしまう。そして否が応でも、この作品が提示したテーマを反芻し、自分自身とはなにか向き合う作業を繰り返していくことを余儀なくされたのである。そう考えると、早い段階からこの作品の価値が極めて高められていったのも頷ける。

あれから21年が経ち、気付けば今年は13番目のサヨコの年だ。いつの間にか王道のジュブナイル作品はおろか、小中学生を主体にしたドラマや映画自体がかなり少なくなってしまったように思えてならない。今回の再放送が、現代の中学生や小学校高学年ぐらいの子どもたちの目にどう映るのかは気になるところだが、それ以上にこれを契機にして「ドラマ愛の詩」をはじめとしたジュブナイル作品が再評価される流れにつながることも密かに期待したいところだ。そしてなにより、14番目の年も15番目の年もサヨコが現れ、さらに次の世代へと継承されてほしい。

「六番目の小夜子」第4回から第8回は8月1日(日)午前0時36分から午前3時3分、第9回から第12回は8月2日(月)午前0時36分から午前2時34分にNHK総合にて放送。全話ともに、NHKプラスで同時・見逃し配信も実施される。

文/久保田 和馬