これまで数々の先鋭的なホラー映画を世に送りだしてきた映画配給会社アスミック・エースが企画・プロデュースを務め、7月29日から31日にかけて公演が行われた「ROOOM」。このたび本作のキャスト情報とメイントレーラー、ビジュアルが一挙に解禁され、その全貌が明らかにされた。

コロナ禍で急速な発展を遂げている“オンライン体験型エンタメ”と、100年以上にわたり人々に恐怖を与えてきた“ホラー映画”が掛け合わされた本作。舞台はありふれたマンションの一室。越してきた新婚夫婦の妻、矢口遥香のお腹には新たな命が宿っている。住民は優しく、申し分のない新生活を送っていた夫婦だったが、ある時上の部屋から響く怪音をきっかけに幸せな日々は崩れ去ってしまう。やがて遥香は、視聴者と“つながる”ことに…。

主人公の遥香役を演じるのは、乃木坂46の初期メンバーとして活動し、グループ卒業後は女優として活躍する生駒里奈。夫の矢口徹役を『燕 Yan』(19)の水間ロン、テレビ番組ディレクターの中野麻子役を『カメラを止めるな!』(17)の秋山ゆずきが演じるほか、上階に住む大家の真柴文雄役には『永い言い訳』(16)の花ヶ前浩一、真柴の世話をするヘルパーの金井桃子役を堤幸彦監督の『truth〜姦しき弔いの果て〜』(2022年1月7日公開)で主演を務める広山詞葉が演じる。

このたび解禁されたメイントレーラーは、新居に越してきたばかりの仲睦まじい矢口夫婦の姿から幕を開ける。徐々に不穏な雰囲気が満ちていくと同時に画面が両端から狭まり、スマートフォンを彷彿とさせる縦型映像に。そして恐怖を味わう遥香の姿とともに、画面上では視聴者によるLINEのやりとりが交わされていく…。

先日行われた一般公演では約300人が参加し、SNS上には恐怖と興奮の感想が数多く駆けめぐった本作。長く続くステイホーム期間を刺激的なものへと変える画期的な恐怖体験に、是非とも参加してみてはいかがだろうか。

<コメント>
●生駒里奈(矢口遥香役)

「矢口遥香役の生駒里奈です。まだまだ自由に外出ができないなか、自宅でこの作品を観て楽しむだけでなく、参加して楽しむこともできる、非常に画期的なホラー作品が出来上がりました。今回私は、新居に引っ越してきてこれからたくさんの幸せが待っているであろうという妊娠中の主婦・矢口遥香を演じます。普通の幸せを願っている遥香を襲う恐怖を、是非一緒に体験してみてください」

文/久保田 和馬