ディズニー・アニメーション・スタジオ作品では『モアナと伝説の海』(17)以来4年振りとなるオリジナル・ミュージカル映画『ミラベルと魔法だらけの家』。このたび同作の公開日が11月26日(金)に決定し、日本版特報映像が解禁となった。

本作は魔法が溢れる世界に暮らすヒロイン、ミラベルの物語を描くミュージカル・ファンタジー。アカデミー賞長編アニメーション賞に輝いた『ズートピア』(16)を手がけたバイロン・ハワードとジャレド・ブッシュが監督を務め、ブロードウェイミュージカル「イン・ザ・ハイツ」、「ハミルトン」でトニー賞、グラミー賞などを受賞し、『モアナと伝説の海』も手がけたリン=マニュエル・ミランダが音楽を担当する。

このたび解禁された日本版特報には活気ある南米コロンビアの奥地の風景、魔法の力に包まれた不思議な家、そして魔法を使う子供たちが映し出されている。陽気なラテンのリズムとともにドアや窓が踊るように開閉、家の中に入ると靴やコーヒーポットがまるで生きているかのように動く。そんな魔法だらけのマドリガル家にはピアノ2台を軽々と持ち上げる少女、トラや鳥などの動物たちとコミュニケーションをとる少年、目の前の人と同じ姿に変身する少年といった個性的な魔法の才能=ギフトを贈られた子供たちが暮らす。しかし、ヒロインのミラベルにはギフトが贈られていなかった。

ギフトを贈られていなくとも幸せに過ごしていたミラベルは、ある日この家が危険に晒されていることを知り、家を救う唯一の希望となり立ち上がる。はたしてミラベルは魔法のギフトを贈られなかった理由とは?ミラベルと家族にどのような危機が迫っているのか、続報に期待したい。

文/鈴木レイヤ