10月30日(土)から開催される第34回東京国際映画祭の「Nippon Cinema Now」部門で特集されることも決定した吉田恵輔監督が、『新聞記者』(19)や『MOTHER マザー』(20)など挑戦的なテーマの作品を生みだすスターサンズの河村光庸プロデューサーとタッグを組んだ『空白』(公開中)。このたび本作のヒットスタートを記念して場面写真6点が新たに解禁された。

古田新太が主演を務め、松坂桃李をはじめとした実力派俳優陣が共演を果たした本作は、吉田監督オリジナル脚本によるヒューマンサスペンス。中学生の少女がスーパーで万引きしようとしたところを店長に見つかり、追いかけられた末に車に轢かれて死亡してしまう。娘のことなど無関心だった少女の父親は、彼女の無実を証明しようと店長を激しく追及するうちに、その姿も言動も恐るべきモンスターと化し、関係する人々全員を追い詰めていくことに。


公開初日となった9月23日には、古田や松坂らが初日舞台挨拶に駆けつけた新宿ピカデリーはもちろん、グランドシネマサンシャインやTOHOシネマズ錦糸町といった都内の各映画館、さらには名古屋のミッドランドスクエアシネマなど全国各地で満席回が続出。またSNSでは初日に鑑賞した観客からの絶賛の声が相次ぎ、早くも多くの映画ファンの心をわしづかみにしている。

そんなヒットスタートを記念して解禁された場面写真6点には、鬼のような表情でメディアにくってかかる古田演じる添田の姿や、泣きながらなにかを訴えかける松坂演じる青柳の苦悶の表情などが切り取られている。彼ら登場人物それぞれの心の内に潜む葛藤や苦悩、そしてその先に待ち受けている感動のラストシーンを、是非とも劇場で目撃してほしい。

※吉田恵輔監督の「吉」は「土」に「口」が正式表記

文/久保田 和馬