角川映画の45周年を記念して企画された「角川映画祭」。市川崑監督が手がけた『犬神家の一族』(76)の4Kデジタル修復版の初披露上映をはじめ、現在も日本の映画界に影響を持つ監督たちの名作、計31作品が一挙、劇場で公開されるこの映画祭より、名シーン、名優たちの名台詞がふんだんに挿入された予告映像を解禁となった。なお、同映画祭は11月19日(金)よりテアトル新宿、EJアニメシアター新宿ほか全国順次開催。

このたび解禁された予告映像は『犬神家の一族』の「スケキヨ、頭巾を取っておやり!」という名台詞から始まる。角川映画の記念すべき第1作である本作の、頭部全体を白いゴムマスク姿が印象的なキャラクター“スケキヨ”に対して、犬神家の長女である松子(高峰三枝子)が「スケキヨ、頭巾を取っておやり!」と放つ名シーンから、名優、松田優作の出演作で村川透監督の手がけた『蘇える金狼』(79)、『野獣死すべし』(81)、相米慎二監督『セーラー服と機関銃』(81)、佐藤純彌監督の『人間の証明』(77)、深作欣二監督『復活の日』(80)、『里見八犬伝』(83)と数々の名作からのカットが続き、角川映画の歴史の垣間見える映像となっている。

さらには、上映作であるタイムスリップする少女を描き、アニメやドラマ、映画など何度もリメイクされてきた、大林宣彦が監督を手がけ、原田知世の映画デビュー作でもある『時をかける少女』(83)、松任谷由実が歌う主題歌「守ってあげたい」のヒットでも知られる『ねらわれた学園』(81)、森田芳光監督、崔洋一監督、井筒和幸監督、和田誠監督らの作品からの映像が挿入されている。また、先日惜しまれつつこの世を去った澤井信一郎監督の『W の悲劇』(84)、『早春物語』(85)、主演とアクション監督を千葉真一が務め「角川映画祭」追悼上映企画となる『戦国自衛隊』(斉藤光正監督 79)からの映像も映し出されている。

これまで常識にとらわれず、数々の名作映画を製作し、日本映画の発展の一端を担ってきた「角川映画」の歴史をスクリーンで目撃できる貴重な機会。4Kデジタル修復版として新たに蘇る『犬神家の一族』も見逃せない「角川映画祭」にぜひ足を運びたい。

文/鈴木レイヤ