2021年4月期にフジテレビ系列にて放送された連続ドラマ「イチケイのカラス」。本作の映画化が決定し、2023年1月13日(金)に全国公開されることが発表となり、あわせてドラマ版より続投となる竹野内豊と黒木華からのコメントが到着した。

東京地方裁判所第3支部第1刑事部、通称「イチケイ」を舞台に、個性豊かな裁判官たちが、伝家の宝刀である、刑事訴訟法128条「検証」に基づき、事実発見のために必要な時は裁判所主体で検証を行うことができる“職権発動”を駆使して、一つひとつの事件に粘り強く向き合う姿を描いたドラマ「イチケイのカラス」。自由奔放で型破りな裁判官、入間みちお(竹野内)と、入間とは対照的で、東大法学部出身で立身出世をすべく努力を惜しまず、超ロジカルなエリート裁判官、坂間千鶴(黒木)、イチケイメンバーたちの活躍がコミカル&ビターに描かれた。日本の民放連続ドラマ史上初めて刑事裁判官を主人公にした新しい切り口と、入間の「職権発動」という一言から、真実を掴もうと一つの事件を掘り下げることで見える切ない人間ドラマが視聴者の心を掴み、平均世帯視聴率12.6%という令和“月9”No.1の高視聴率とともに、内容面で高い評価を得た話題作だ。

ドラマ版の2年後を舞台にしているという本作では、そんな入間と坂間が再び集結。岡山県瀬戸内に異動になった入間は、史上最年少防衛大臣にまつわる傷害事件を担当。事件の背景にあった近海で起きたイージス艦の衝突事故を調べていくが、航海内容は全て国家機密。入間は伝家の宝刀「職権発動」が通用しない難敵に挑んでいくこととなる。一方で、入間とともに数々の事件を裁いてきた坂間は、裁判官の他職経験制度のもと、入間の隣町で弁護士として働き、町を支える地元大企業に関わる事件を担当するが、そこにある疑惑が隠されていた。一見異なる2つの事件に隠された衝撃の真実、それは開けてはならないパンドラの箱だった…。

メガホンをとるのは、大ヒット映画「コンフィデンスマンJP」シリーズはじめ、数々のヒット作をコミカルかつ心温まるヒューマンストーリーで手掛ける田中亮監督、そして、脚本には映画『プラチナデータ』(13)やドラマ「絶対零度」シリーズを手掛ける浜田秀哉、2人がドラマから引き続きタッグを組む。

映画化にあたり、竹野内は「応援してくださった皆さまに、イチケイを再びお届け出来る事を大変嬉しく思います」、黒木は「不器用で真っ直ぐな坂間千鶴を再び演じることができて、ワクワクしています」と、それぞれ本作への想いを寄せている。

ドラマでは裁判官同士だったが、映画では坂間が”弁護士”に。法廷での”裁判官、入間”VS”弁護士、坂間”の対決も見られるのだろうか?今後の続報にも注目しよう。

<キャストコメント>

●竹野内豊(入間みちお役)

「テレビドラマの放送が終了してから、あっという間に一年が経ちます。イチケイのカラスは、放送期間中はもちろん、最終回が終わり、随分と時間が経った後にもかかわらず、様々な場所で続編を望む温かいエールを本当に多くの方々から頂いておりました。
この度、映画化する事により、応援してくださった皆さまに、イチケイを再びお届け出来ることを大変嬉しく思います。
田中監督率いる新たな映画スタッフ、そして新豪華キャストがオリジナルメンバーに加わり、よりパワーアップした『映画、イチケイのカラス!』を是非ご期待ください」

●黒木華(坂間千鶴役)

「不器用で真っ直ぐな坂間千鶴を再び演じることができて、ワクワクしています。
今回は裁判官ではなく、弁護士として関わることになるので、また新たな目線でいられますし、イチケイのメンバーだけではない、新たなキャストの方々に会えるのもすごく楽しみにしています。
みちおさんと坂間の掛け合いや、正義に向き合って成長していく坂間をスクリーンで見ていただけることを楽しみに、頑張ります」

●田中亮(監督)

「竹野内さんと黒木さんのコンビをまだまだ観ていたい…連ドラを撮り終えても残り続けた願いが映画化という形で叶って大変嬉しく思っています。巨悪に対する入間みちおの奔放な振る舞いと静かな怒り、ひと夏の出会いから生まれる坂間千鶴の変化、この映画でしか見ることの出来ないお2人の表情を丁寧に紡いで、イチケイをまだ見たことない方にもイチケイファンの方々にも楽しんで頂けるよう全力を尽くします。
法律の限界に挑み、本当の愛とは何かを問いかける、入間と坂間の活躍にどうぞご期待ください」

●浅見理都(原作)

「連続ドラマの時も一視聴者として楽しんだのですが、映画にもなるとは…感無量です。また実写版みちおや駒澤部長、坂間に会えると思うとワクワクします。絶対数回見に行くと思います。これからも、みちおをみんなで見守っていきましょう!!」

文/サンクレイオ翼