1972年から1973年まで「週刊マーガレット」にて連載し、2014年に新エピソードの単行本も発売された、累計発行部数2000万部以上を突破する少女漫画界の金字塔的作品「ベルサイユのばら」。2022年に誕生50周年を迎えた本作の完全新作劇場アニメが制作されることが決定。ティザービジュアル&特報映像と共に、現在開催中の「誕生50周年記念 ベルサイユのばら展―ベルばらは永遠に―」の模様がをお届けしよう。

フランス革命の時代を舞台に、男装の麗人オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェと隣国オーストリアから嫁いできた純真無垢な王妃マリー・アントワネットらの愛と人生を描く本作。1974年に宝塚歌劇団によって舞台化され、その後宝塚歌劇団を代表する作品へと昇華。1979年にはテレビアニメ化され、同年にはフランスの名匠ジャック・ドゥミ監督のメガホンによって実写映画化されるなど、様々な方面で社会現象を巻き起こしてきた。

解禁されたティザービジュアルには、オスカルとマリー・アントワネットの美しき姿が描かれており、特報映像にはクラシック音楽に合わせて原作漫画とティザービジュアルが映しだされていく。また原作者の池田理代子からはオスカルとマリー・アントワネットが描かれたお祝いイラストが寄せられ、「多くのファンの方たちから新しいアニメをというご希望をよくいただくのですが、まさかそれが実現するなんて」と驚きと喜びのコメントも。

東京・六本木にある東京シティビューにて9月17日より開幕した「誕生50周年記念 ベルサイユのばら展―ベルばらは永遠に―」では、「ベルばら」の50周年の軌跡をたどる様々な展示物と共に、新作のティザービジュアルやキャラクター設定画像、背景設定画像の一部が先行公開されている。

開幕に先立って行われたオープニングセレモニーには、原作者の池田と、元モーニング娘。のメンバーで「ベルばら」ファンの高橋愛が登壇。「24歳から描き始めたので、50年も経ったら生きていないと思っていたほどです。このような日を迎えられたことに感謝しています」と笑顔で語る池田は「50年前の絵が展示されるのは実に恥ずかしいですね。いまならもっと描けたのにな、という気持ちになります」と懐かしむ。

一方、一足先に展覧会を歩いて回った高橋は「連載当時の池田先生の気持ちなども展示されていて感動のひと言です!生涯に一度のオスカルのドレスが展示されているのですが、美しさに心を奪われてしまいました」と大興奮。そして高橋から「一番好きなキャラクターは誰ですか?」と訊ねられた池田は「どのキャラクターにも愛着があるので一番を選ぶのは難しいのですが、実はルイ16世が好きなんです。包容力があっていいですよね」と告白し、会場を沸かせていた。

「誕生50周年記念 ベルサイユのばら展―ベルばらは永遠に―」東京展は11月20日(日)まで開催中。11月30日(水)から12月12日(月)まで大阪・阪急うめだ本店9階阪急うめだギャラリーにて開催され、その他の巡回先は決定次第公式サイトで発表される。50周年という節目を迎え、新作に向けてますます絢爛豪華に咲き誇る「ベルばら」。その世界に存分にひたってほしい!

<池田理代子コメント>

――連載から50年という節目を迎え、劇場アニメ化のお話がきたときのお気持ちをお聞かせください。
「多くのファンの方たちから、新しいアニメをというご希望をよくいただくので、まさかそれが実現するなんて、驚きとうれしさでいっぱいです」

――池田理代子先生にとって「ベルサイユのばら」はどんな存在ですか?
「作品は、読む読者が感じ取るもので、私にとってどうと聞かれると難しいのですが、世代を超えて読み継がれるということは、本当にうれしいです」

文/久保田 和馬