公開当時に北米歴代3位となる興収7億ドルを記録し、アメコミ映画初のアカデミー賞作品賞ノミネートを果たすなど、数々の偉業を打ち立てた『ブラックパンサー』(18)。同作で主演を務めたチャドウィック・ボーズマンの早すぎる死を乗り越え製作された4年ぶりの続編『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』が11月11日(金)日米同日公開。このたび本作の最新予告映像とUS版ポスターが解禁された。

マーベル・スタジオの社長兼プロデューサーであるケヴィン・ファイギの「ワカンダのレガシーを繋いでいく。そしてストーリーはリスペクトと希望に満ちたものになる」という宣言のもとで作り上げた本作の舞台は、偉大な王でありヒーローであるティ・チャラを失ったワカンダ。海の帝国の脅威が迫るなか、ティ・チャラの妹であり天才科学者のシュリ(レティーシャ・ライト)らワカンダの人々が危機へと立ち向かう姿が描かれていく。

このたび解禁された予告映像では悲しみに暮れるワカンダの人々の前に、自由自在に空を飛び、海中も思いのままに移動する海の帝国を率いる謎の王ネイモアが出現。さらにガジェットを搭載したスーツを身にまとった天才発明家の少女リリ・ウィリアムズ(=アイアンハート)の姿も。陸・海・空を舞台にした迫力満点のアクションシーンとともに、新たなブラックパンサーの全身が明らかに。前作からさらなるパワーアップを遂げたことを予感させる映像に仕上がっている。

またあわせて解禁されたUS版ポスターには、ワカンダの命運を託された者としての強い決意に満ちたシュリやナキア、ラモンダの姿と、ワカンダを脅かすネイモアら海の帝国の面々の姿が対照的に描かれている。はたしてヒーローなきワカンダにどのような戦いが待ち受けているのか。その全貌が明らかになる瞬間を心して待ちたい。

文/久保田 和馬