「DVD&動画配信でーた」と連動した連載「彗星のごとく現れる予期せぬトキメキに自由を奪われたいっ」では、私、南沙良がミニシアターを巡り、その劇場の魅力や特徴をみなさんにお伝えします。第25回は目黒にある「目黒シネマ」さんにお邪魔しました!

■地下にひっそり佇む『ニュー・シネマ・パラダイス』のような映画館

目黒駅から歩いて3分ほどのところにある目黒シネマ。実は以前、事務所が近くにあったので、このあたりはたまに通っていたのですが、地下にこんな素敵な映画館があったなんて!上映ラインナップ、ディスプレイ、グッズ…いたるところにスタッフの方の映画愛を感じる劇場です。

目黒シネマは1955年、前身である目黒ライオン座、目黒金龍座の2館体制でオープンしました。1975年に目黒シネマとしてリニューアルして以来、2本立て映画館として運営を続けています。洋邦問わず幅広いセレクトのラインナップが魅力のミニシアターです。

特別に映写室に入れていただきました。見てください、この入口!この部屋から事務所、館内にもつながってるんです。秘密基地みたいで思わず大興奮!まるで『ニュー・シネマ・パラダイス』のようです。

グッズコーナーには上映中作品以外のパンフレットも。Tシャツの映写機のイラストは、なんと元スタッフの方が描いたのだそう!缶バッジもかわいいんです。

目黒シネマで映画を観るともれなくもらえるリーフレット。個性豊かな表紙のイラストは、スタッフの皆さんが描いていると聞いてびっくり。ちなみに、入場引換券の役割も果たしているんですよ。

次回は支配人の佐藤公男さんにお話を伺います。お楽しみに!