全世界歴代興行収入第1位に輝いた革命的作品『アバター』(09)の続編である『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が12月16日(金)より全国公開となる。このたび、本作よりキャラクターポスターとキャスト陣が各キャラクターを解説する特別映像が到着した。

ジェームズ・キャメロン監督が13年の歳月を費やしたシリーズ最新作である本作では、美しい海とそこに宿る生物たちの息吹、そして、神秘の星パンドラの侵略を目論む人類と、先住民ナヴィのドラマ繰り広げられる。前作で、主人公のジェイク・サリー(サム・ワーシントン)は人間とナヴィのDNAをかけ合わせた肉体“アバター”に意識を移し、パンドラの星を調査を行ううち、その世界に魅了され、ナヴィたちとともに人類の侵略に立ち向かうこととなった。本作では、妻であるネイティリ(ゾーイ・サルダナ)との間に子どもも設け、家族とともに暮らしている。

今回、神秘的な海の世界で、家族の愛と絆の物語を描く本作のメインキャラクター9名のキャラクターポスターが解禁となった。ジェイク・サリー(上段左)は“父親”としての責任を背負った表情、妻のネイティリ(上段中央)は戦士としてだけではなく、子を守る“母”としての力強い眼差しを見せている。また、次男のロアク(下段右/ブリテン・ダルトン)、養子で物語の鍵を握る少女でもあるキリ(上段右/シガーニー・ウィーバー)、養子で人間の子であるスパイダー(中段右/ジャック・チャンピオン)らの姿も写しだされている。総勢6人の子どもたちのうち長男ネテヤム(ジェームズ・フラッターズ)と末っ子トゥク(トリニティ・ジョリー・ブリス)以外がそれぞれ描かれることとなった。

一方、人類に森を追われたジェイク一家が助けを求めた“海”を拠点とする部族からは、その長であるトノワリ(下段左/クリフ・カーティス)、その妻であるロナル(下段中央/ケイト・ウィンスレット)、長女のツィレヤ(中段中央/ベイリー・バス)らがポスターになっている。また、ジェイクの元上官であるクオリッチ(中段左/スティーヴン・ラング)がアバターのボディを手に入れた姿も。

あわせて解禁となった、特別映像はゾーイ・サルダナらキャスト陣が「ハロー、ジャパン!」と呼びかけ、各々のキャラクターを一言解説するもの。ネイティリを“誠実”、ジェイクを“思いやり”、トゥクを“愛情”、ネテヤムを“勇敢”、ツィレヤを“力強さ”、スパイダーを“忍耐力”と各キャラクターの魅力が一言で解説されており、2つの家族が“神秘的な海”で織りなすドラマに期待が高まるものとなっている。

これまでも、『アビス』(89)、『タイタニック』(97)で海を描き、さらにスキューバダイバーとしても知られるキャメロン監督は、本作でどのように海を描いているのか?キャメロン監督だからこそ描ける「映像体験」を楽しみに待ちたい。

文/鈴木レイヤ