2004年に放送開始し、今年で20周年を迎えるフジテレビ系列の人気バラエティ番組を映画化する『逃走中 THE MOVIE』(7月19日公開)。このたび、本作のメイキングPV〜逃走中編〜が解禁された。

ハンターから逃げた時間に応じて逃走者は賞金がもらえる、ただしつかまれば賞金ゼロ。終了まで逃げ切って大金を狙うか、途中でリタイアして手堅く稼ぐか、というまさに一か八かの一攫千金ゲーム「逃走中」。JO1とFANTASTICSの6人をメインキャストに迎えドラマ映画化する本作では、賞金総額1億円超、参加総数1000人という史上最大級の「逃走中」が展開する。

主人公は、陸上部の良きライバルとして青春をともにしてきた大和(川西拓実)、瑛次郎(中島颯太)、賢(木全翔也)、勇吾(金城碧海)、陸(瀬口黎弥)、譲司(佐藤大樹)ら6人の青年たち。高校卒業後のある日、彼らのもとへ東京全域をステージとした壮大なスケールで展開されるという「逃走中」への招待メールが届く。とある事情でバラバラになっていた6人は、それぞれが想いや野望を抱えながら参加を決意し無事に再会を果たすが、かつての絆は失われていた…。そんななか、突如ゲームを管理するクロノス社が乗っ取られ、一部のハンターが制御不能に。突如として逃走中は命賭けのゲームと化していく。


今回解禁となったのは、過酷な撮影現場の裏側を捉えた、メイキングPV〜逃走中編〜。冒頭では川西の「参加人数など(本作で描かれる「逃走中」の)規模がとにかくすごい」、佐藤の「逃走中というコンテンツの凄さを改めて感じた」、金城の「大スクリーンに引き込まれていく(ような感覚)」という言葉が映し出される。映像で絶え間なく映し出されるのは、ひたすらに走り続けるキャスト陣の姿。ハンターから全力疾走で逃れようとするシーンの撮影で「本当に速い…(笑)」と息を切らしながら吐露する瀬口の姿や、東京ドームのグラウンドを全速力で駆け抜けた川西と佐藤が、膝をついて倒れ込んでしまう様子も。木全も「本当に(全員が)体を張って頑張ったし、よくあんなに走れたなと思う」と振り返っており、過酷を極めた撮影の舞台裏が収められている。さらに本作は、ハンターからの逃走劇だけではなく、“逃走アクション”も大きな見どころの1つ。中島が「ワイルドハンターが登場する時の恐ろしさは異次元」と語る通り、彼らを絶体絶命の窮地に追い込んでいくハンターのレベルもパワーアップ。本作ではワイルドハンターと呼ばれる凶悪な敵も登場するが、映像ではワイルドハンターから逃れようと暗闇の廊下で障害物をすり抜ける高度なアクションにも挑戦する金城の姿も映しだされている。

また、映像の最後には錦鯉の長谷川雅紀やHIKAKIN、ダイアンの津田篤宏、安田大サーカスのクロちゃんら「逃走中」お馴染みの顔ぶれも登場。「(撮影したのが数時間前なのに)もう筋肉痛になってるんですよ」とHIKAKIN、「(自分のシーンで)思いの外誰も笑ってへんかったからびっくりした…」と津田。また、クロちゃんは「(ストーリーの先が全く読めなくて)分かんないんだけどここ…」と語っており、それぞれの困惑する表情にも注目だ。さらに、とろサーモンの久保田かずのぶ、三四郎の小宮浩信、大久保嘉人、景井ひな、ハリー杉山、大島麻衣、横山涼らの参戦も発表されている。

幅広い世代に愛される「逃走中」のドラマ映画化として、注目を集める本作。前例にない大規模な撮影の末生まれた新感覚アトラクションムービーに期待が高まる。

文/鈴木レイヤ