大門未知子誕生の秘密がついに明かされるテレビ朝日65周年記念作『劇場版ドクターX』が12月6日(金)に決定。あわせて、米倉涼子らキャスト、スタッフによるコメントが解禁に。さらに、ティザービジュアルと特報映像も公開された。

2012年10月より7シリーズに渡りテレビ朝日系列で放送されていた連続ドラマ「ドクターX」を映画化する本作。主演の米倉が演じる大門未知子は、大学病院の医局に属さず、怪しい名医紹介所に所属しながら、様々な病院を渡り歩いている、孤高のフリーランス外科医。特技は手術、趣味は手術、そんな大門を主人公に、群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に難易度の高い手術を成功させ、さらに権威、束縛、群れ…といった概念を打ち砕いていく姿を描き連続ドラマ「ドクターX」は日本中に大きな爽快感を与えた。伝説のドラマ誕生から12年を経て描かれる本作では、ついに大門の誕生の秘密が明かされる。”失敗しないハケンの外科医”大門未知子はどのようにして生まれたのか、ダークでミステリアスな大門の壮絶な半生に迫るとともに、これまでのドラマシリーズでも幾多の危機を乗り越えてきた大門が史上最悪の危機に挑んでいく。

本作にはドラマシリーズでもおなじみの豪華キャスト陣、スタッフが集結している。大門役の米倉のほか、新米医師時代に未知子に出会い、医療インフルエンサーに転身しながらも未知子の影響で医師に戻ってきた森本光役に田中圭、フリーランスの麻酔科医で、未知子とは公私ともに信頼関係を築いている城之内博美役に内田有紀。看護師の大間正子役の今田美桜、加地秀樹役の勝村政信、原守役の鈴木浩介、海老名敬役の遠藤憲一、神原晶役の岸部一徳、蛭間重勝役の西田敏行らが出演。米倉は映画化について「私が大きな画面でドクターXを観てもらいたいと思いプロデューサーとお話しして実現できました」と語っている。また、キャストとともにスタッフもドラマから続投。脚本は、「ドクターX」のみならず「やまとなでしこ」「ハケンの品格」「花子とアン」「西郷どん」などを手がけてきた中園ミホ、監督はテレビ朝日の田村直己が務めている。

あわせて解禁となったティザービジュアルには、栄華なゴールドドレスと白衣に身を包む大門の姿が。医者としては異色の出で立ちを醸し出す大門を中心に、後ろにはドクターXならではのアイコン“X”が鎮座する豪華絢爛なデザインとなった。またお馴染みのセリフ「私、失敗しないので。」にも“映画”という文字が加わり、劇場版ならではのスケールアップが感じられる。


そして初解禁となった特報映像には、ドラマ放送時からの聞き馴染みのある音楽とともに、未知子が壮絶な手術に果敢に挑む姿が切り取られている。多くの銃を向けられている姿も映し出されるなど、これまで以上にスケールアップしていることを予感される映像だ。さらにはドラマシリーズの面々も勢揃いしており、最後は未知子の「私、失敗しないので。」で締めくくられ、「あのドクターXが帰ってくる!」と胸が高鳴る特報映像に仕上がった。

さらに、映画化決定を記念して「Xプロジェクト」の実施も決定している。Xプロジェクトとは、公開を待ち望むファン、そしてまだドクターXに触れていない、触れたことのない人々に向けて、ドクターXを楽しんでもらう機会を計画した大型プロジェクト。第一弾として、ファン垂涎の「ドクターXファン感謝祭」の開催が決定しており、8月27日(火)、8月28日(水)に、米倉をはじめとするキャスト陣が登壇する最初で最後のファンミーティングとなる。そして、第7シリーズの再放送も決定。全10話を6月19日(水)から7月2日(火)までテレビ朝日(関東ローカル)にて午後3時52分ごろから放送予定となっている。

ドクターXの集大成、そして大門の誕生の秘密とは?この機会に12年間の軌跡を振り返り、劇場公開に備えたい。

■<キャスト、スタッフコメント>

●米倉涼子(大門未知子役)

「私自身、大門未知子と12年間お付き合いできるとは思っていませんでした。ドクターX、そして大門未知子は切っても切り離せない米倉涼子の一部です。映画化については、私が大きな画面でドクターXを観てもらいたいと思いプロデューサーとお話しして実現できました。共演者のみなさんとは家族のように尊重、尊敬し合うことができ、みなさんのお陰でここまでこられたと思います。映画の見どころは沢山ありますが、大門未知子が『私、失敗しないので』と言うまでの展開と、言う瞬間にも注目していただけると嬉しいです。私たちの12年の想いがこもった作品になっていると思います。ぜひ劇場でご覧ください」

●田中圭(森本光役)

「久しぶりにこの現場に帰ってきましたが、ドラマのときからアットホームで、今回もあたたかく迎えてくださり、そして受け入れてくださいました。撮影現場では、米倉さんをはじめ諸先輩方のお芝居を間近で見ることができるので、現場にいるだけで学びになる場所です。撮影中は、この映画ひとつひとつの瞬間を全員で作ろうという雰囲気があり素敵な時間でした。ドラマに出演させていただいていた時も毎日が刺激的で、本当にこの現場で学んだことが沢山あります。劇場版はドラマ以上にとても迫力のある手術シーンになっていると思いますので、ぜひ楽しみにしていてください。ハンカチは必須かと思われます」

●内田有紀(城之内博美役)

「撮影はとても幸せな時間で、馴れ合いになり過ぎず良い緊張感を保てました。またその一方で、安心出来る家族と会っているような気持ちもありました。ドラマ放送開始から12年という長い月日で同じ役柄を演じさせていただいたのはドクターXが初めてです。城之内博美という役は私にとってかけがえのない軸となっており、劇場版ということで感無量です。大門未知子の相棒として長くこの物語に参加させていただき、よねちゃんとはお互い支え合って、未知子と博美のような関係性でずっと走ってきました。今回の劇場版では12年間で築いてきた未知子との歩みの集大成となっています。そしてついに未知子のルーツが明かされます。ぜひ映画館でご覧ください」

●今田美桜(大間正子役)

「私は2019年から参加させていただいているのですが、当時は医療ものが初めてでとても緊張していました。回を重ねるたびに、このファミリーに入れた感じがして本当に嬉しかったです。そして、遂に劇場版。撮影はドラマからのチームワークと仲のよさで、帰ってきた感じがあってとても安心して楽しめました。正子は青森弁を話すのですが、感情が出るタイミングで方言が出ます。そこは正子の情熱のひとつを表現する場面でもあるので演じていて楽しかったです。ドラマ以上に、劇場版もすごいことになっています!どうぞご期待ください」

●勝村政信(加地秀樹役)

「久しぶりの撮影でしたが、昨日も撮影していたような、時間が経っていた感覚はありませんでした。会っていない時間もみんなで連絡を取り合っているし、僕らは完全に家族です。撮影でも、しっかりお互いを高めあっているし。この作品は自分の人生で特別なものです。映画化ってのは不思議な気持ちですが、また始まりの始まりな気がします。とりあえず集大成です。みなさん楽しみにご覧ください。では劇場でお会いしましょう」

●鈴木浩介(原守役)

「みなさんと久しぶりにお会いしても、本当に親しい間柄の先輩ばかりなので時間のブランクも感じず、実家に帰ってきたような感じがありました。少し照れくさいような気がしても、ずっと積み重ねてきた信頼関係があるので、お芝居の時にはすぐ戻れるのが嬉しかったです。そして12年の積み重ねが劇場版に繋がっているのはとても感慨深いです。映画の見どころは、大門未知子の『私、失敗しないので』が、誰に向けての言葉なのかというところだと思います。僕も原守を演じながら、この言葉に心を動かされていました。劇場でみなさんとお会いできるということで、スクリーンでぜひドクターXを楽しんで、大門先生の『私、失敗しないので』を観に行きましょう!」

●遠藤憲一(海老名敬役)

「ドラマ放送時から映画化の話を冗談交じりにしていたので、本当に映画になると聞いて最初は驚きました。ただ、劇場版になったからといって変わらず、現場の雰囲気はそのままです。大門未知子役の米倉さんは表現のことを本当に考えている人。あっけらかんと何も考えていないふりをしているけど、ものすごく色々なことを学んで緻密に考えている。それは大門という役を長年かけて深く深くなっていると思います。本当に尊敬に値するくらいの役の作り方です。映画はハートにズキンとくるようなエモーションなシーンも増えていて、連続ドラマよりもグレードが高くなって思いっきり笑えて、思いっきり感動できる、そういう作品になっています。ぜひ劇場でご覧ください」

●岸部一徳(神原晶役)

「米倉さんは自分の中に生まれた感情を大事にしながら、全体のチームワークをいつも考えている人。そして、ドラマの撮影の時もそうでない時も12年間ずっと晶として接してくれました。その分二人の関係性を長い間つくることができたので本当に感謝しています。映画というスクリーンの中で描かれる『ドクターX』と米倉さんの魅力、彼女にとっての挑戦をぜひ観ていただきたいです」

●西田敏行(蛭間重勝役)

「ドクターX再集結ということで、懐かしいと同時にまた蛭間を演じることができる喜びが蘇ってきました。長いこと蛭間重勝を演じてきたので、感慨無量です。映画館のスクリーンでご覧いただくということで、壮絶な手術シーンは素晴らしい迫力があると思います。そして、わたくしのちょっと悪人ぶりもちょっとスケールが大きくなっているかなと思うので、蛭間の悪さを感じていただければ、笑いも少しは起こるんじゃないでしょうか。蛭間を、楽しんでください」

●中園ミホ(脚本)

「2012年に誕生した『ドクターX〜外科医・大門未知子』は、こんなに長い間、多くの人たちに愛していただき、感謝の念にたえません。未知子を取り巻く、晶さん、城之内先生、蛭間院長、海老名先生、加地先生、原先生、森本先生、大間看護師、などなど、個性的な面々は私にとって家族のような存在です。2024年、映画の世界で再び家族が集まることができて、懐かしさと愛しさで胸を熱くしながら脚本を書きました。テーマは命です。命を救うためなら手段を選ばない大門未知子。それを全身全霊で演じる米倉涼子さんとXファミリーに逢いに、ぜひ映画館へいらしてください」

●田村直己(監督)

「大門未知子が颯爽と歩く姿に、口笛が鳴り響く…映画の大スクリーンで見るのが夢でした!感謝でいっぱいです。いつもの一癖も二癖もある外科医達の権力闘争、患者のために諦めない手術、そして麻雀。そんな楽しい中、映画でやりたかった未知子の過去を辿る話。未知子はなぜ、ドクターエックスになったのか?涙なくしては見れない、壮大な感動物語が完成しました!10年以上のチームワークでスタッフ、キャスト全員で、力の限り、集大成の作品目指して、命がけで撮影しました!何回も観て下さい笑」

●内山聖子(エグゼクティブプロデューサー)

「『こんな医師がいたらいいな___』それだけの想いで企画した『ドクターX』が、これほど長く愛され幸せです。権力を嫌い、忖度を嫌い、『趣味・手術 特技・手術』というひとりの職人の痛快な物語。感謝をこめて笑いと涙をお約束します!大門未知子は映画でも失敗しないので!」

文/鈴木レイヤ