映画『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』の公開記念舞台挨拶が2月15日に丸の内ピカデリーで開催され、大泉洋、小池栄子、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊、成島出監督が登壇。大泉が「ここ5、6年、ずっと悩んでいること」を告白し、会場の爆笑を誘った。

原作は、太宰治の未完の遺作をケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲「グッドバイ」。優柔不断な“ダメ男”ながら、やたらと女性にモテてしまう田島(大泉)と、ガサツで小汚いけれど、実は美人の“パワフル女”キヌ子(小池)が、嘘(にせ)夫婦となって巻き起こす騒動を描く。

大泉の悩みとは、映画のプロモーション活動についてのこと。小池は「今回、映画のプロモーションで2人でたくさんバラエティ番組に出させていただいた。友人から『2人がバラエティで番宣をしているのは楽しかったけれど、おしゃべりが過ぎて、映画の印象がまったく残らなかった』と言っていた」と述懐。「『映画館に足を運んでください』という気持ちを込めていたのに、マイナス効果になってしまったのでは」と心配すると、大泉は「私がここ5、6年、ずっと悩んでいることです」と深くうなずき、会場の笑いを誘った。

大泉は「気づくのが早いですよ。僕は10年くらいやって、ここ5年くらいで『俺、これ意味あるのかなあ?』と思った」そうで、「しょうがないんですよ、宣伝部が出てくれって言うんですから。毎日(番宣で)大泉洋を見ているうちに『劇場に行かなくてもいいや』となりかねないですよ」とぼやき節。さらに会場を見渡しながら「僕と小池栄子を見過ぎて、お腹いっぱいだと思う。もうゲップが出ている!それでも観に来ている、勇者ですよ」と劇場に足を運んだ観客に感謝し、大きな拍手を浴びていた。

とはいえ出演したからには「おもしろくしたい」との想いが勝ってしまうという大泉。「我々は、バラエティ番組で役者然として出て行っていいかというと、そうじゃない。おもしろくしたいわけ。そこも全力だから!」と熱を込めると、小池も「おもしろくしたいです」と大いに同調し、2人で「番宣は本当に難しい」と打ち明けていた。

ダブル主演の大泉と小池が息ぴったりにトークを繰り広げたが、小池が「『広めてください』とは望みません。この時間を共有できたことに感謝しています」と控えめに話すと、大泉は「私は違う!」と声を上げ、「死ぬ気で宣伝しなきゃダメですよ!ここに集まった皆さんは仲間、同志だ。一人でも多くの方に宣伝していただきたい。ノルマは一人10人!」と一歩前に踏みだして絶叫。小池は「選挙活動になっている」と笑いを堪えられなかった。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)