足立区の小学校でブロック塀撤去

 大阪府北部の地震を受け、足立区が全ての区立小中学校のブロック塀を緊急点検し、全て危険性がないことが確認されたとしました。しかし、およそ2メートルの高さがあった2カ所の塀については「万全を期すため」として、20日撤去しました。

 6月18日(月)地震で震度6弱を観測した大阪府高槻市では、小学校の建築基準法に違反したブロック塀が倒れ、小学生の女の子が亡くなりました。これを受け、足立区は19日(火)、区内にある110の小中学校を緊急点検し、塀の安全性に問題がないことを確認しました。

 しかし淵江第一小学校と旧新田小学校跡地の一部のブロック塀は道路に面し、2メートルほどの高さがあるため、「万全を期するため」として、20日(水)、撤去作業を行いました。

 足立区の教育委員会は「安全は確認されたが、児童や学校周辺の住民の不安を取り除くため」としています。


おすすめ情報

TOKYO MX NEWSの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索