皇居前に散水システム 暑さ対策で実験

皇居前に散水システム 暑さ対策で実験

 2020年に開かれる東京オリンピック・パラリンピックで大きな課題となっている暑さ対策について、東京都が効果的な方法を検討するための実証実験を行いました。

 東京都が暑さ対策の実証実験を行ったのは、競歩の競技会場となり、暑さも見込まれる皇居前の内堀通りです。実験は、歩道の端に穴の開いたホースを設置して水をまいたり日傘を使ったりして、温度の変化があるかどうか測定しました。この結果、水をまいた場所では気温が30℃を超えても路面の温度は27℃から29℃となりました。

 ただ、この日は実験を行った時間帯に雲が多かったため、効果は限定的でした。東京都・五輪準備局の高橋暢明運営担当課長は「きょうは曇り空で、数値的なものは一定程度の効果だった」と語りました。東京都は大会に向けてこの調査結果を分析し、暑さ対策として有効かどうか検証するとしています。


おすすめ情報

TOKYO MX NEWSの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索