芸術の秋を迎えた東京・江東区では街全体を会場にした芸術展が行われています。

 「アートパラ深川おしゃべりな芸術祭」は富岡八幡宮などを中心に街全体を会場とした催しになっています。作品は全て、体に障害のあるアーティストが描いたもので約150点が展示されています。また、区内の特別支援学校に通う生徒たちの作品を使ってみこしが作られました。鑑賞している人からは「温かみがある作品が多かった」といった声や「生き生きとして、生きようという力が感じられる」という声など、作品に興味を抱いていました。担当者は「美術教育を受けなくても素晴らしいアートを描く人はたくさんいるので、楽しく自由にアートに出合ってもらえるとうれしい」と話しています。

 このイベントは11月23日まで開催されます。