東京・八王子市のスーパーで女子高校生ら3人が拳銃で撃たれて殺害された事件は、未解決のまま26年を迎えました。

 1995年7月30日、八王子市大和田町にあったスーパー「ナンペイ」の事務所で、高校生を含むパートやアルバイトの女性3人が頭や顔を拳銃で撃たれて殺害されました。

 警視庁は事件発生からこれまでに延べ21万人以上の捜査員を投入して、事件解決に全力を挙げています。しかし事件から26年がたつ今も、犯人逮捕につながる有力な情報はありません。警視庁はホームページに当時の写真などを基に作った4分ほどの3D映像を公開し、情報提供を呼び掛けています。