東京都で新たな体制がスタートしました。

 東京都の10月25日付の人事で、副知事2人と局長9人が新たに就任しました。新任の黒沼靖副知事は福祉保健局や病院経営本部などで新型コロナ対応を担当し、潮田勉副知事はオリンピック・パラリンピック準備局などを担当し、東京大会の経験や取り組みを発展させる業務を担います。小池知事は「東京2020大会を終えて感染状況も落ち着きをみせているこの機を捉え、都政をさらに力強く前へと進めていく。体制を一新するということ」と述べました。