“龍”をかたどったボートを、チームで力を合わせてこぐ「ドラゴンボート大会」が、5月15日にお台場海浜公園(東京・港区)で開催されました。

 チームの息の合った動きで、“龍”をかたどったドラゴンボートはぐんぐんと水上を進みます。ドラゴンボートは、先頭で太鼓をたたく“ドラマー”の合図に合わせ、10人から20人のこぎ手がボートをこぐ競技で、紀元前の中国が始まりとされています。現在では、世界のおよそ80カ国で大会が開かれているということです。新型コロナの影響で3年ぶりとなった今大会では、直線250メートルのコースでレースが行われ、男女混合やシニアなど4つの種目に計27チームが参加しました。会場となったお台場の海には、太鼓の音や歓声が響いていました。