特急列車で産地から新鮮な野菜を届けるという企画が人気を呼び、第9弾を迎えました。今回は前年も好評を博したトマトが種類も増えた上、再びの登場です。

 5月17日午前10時44分、JR八王子駅に到着した特急列車「かいじ14号」で運ばれてきたのは、山梨県の北西部・甲斐市赤坂地区で収穫されたばかりの真っ赤な完熟トマトです。トマトの詰まった段ボールはスタッフによって次々と手際よく駅のホームへと下ろされていきました。

 今回届いたトマトは中玉の「フルティカ」に加え、ミニトマトの「トマトベリー」が新たにラインアップされました。購入した人は「小さいのを4個と中サイズのものを2個買った。娘にあげようと思っている。喜ぶと思う」「新鮮なものを食べたいからすごくいいと思う。このまま塩とオリーブ油で食べたい」などと話していました。

 「赤坂とまと」は5月中の火曜日と金曜日に、午前11時からJR八王子駅構内で販売されます。