東京・国立市で夏の風物詩として親しまれている朝顔市が7月2日から始まり色鮮やかな朝顔たちが街を彩りました。

 2022年で34回目となる「くにたち朝顔市」は、コロナ対策として規模を縮小し、時間も短縮して開かれました。

 市内の栽培農業者による国立産の日本朝顔が展示販売され、訪れた人たちが次々と購入していました。

 「くにたち朝顔市」は7月3日まで開催されます。

 朝顔の花言葉は、つたが絡まることから『愛情』だということです。