8月11日は「山の日」です。東京都内の山も多くの登山客でにぎわいました。

 JR武蔵五日市駅前(東京・あきる野市)には、朝から日の出山(標高902メートル)方面へのバスを待つ多くの登山客の姿がありました。新型コロナの感染拡大で近年、近場で低い山の登山が人気となっています。

 また、新型コロナによる登山客の行動の変化は他にもあります。登山客からは「すれ違うときのあいさつがなくなった」「コロナの関係で遠慮して声を出さないようにしている」という声がありました。スカイツリーも望むことができる山頂では登山客が食事などを楽しんでいましたが、マスクを着用して休憩や写真撮影をするなど、頂上でも登山をする人同士が配慮する様子が見られました。

 新規感染者が増える中で安心して登山が楽しめるよう気遣いの心が広まっているようです。