「コミックマーケット」が江東区の東京ビッグサイトで開かれ、コスプレの衣装を楽しむ人などで賑わいました。

「コミックマーケット」、通称コミケは1975年から始まり日本の漫画文化や創作活動を支えてきたサブカルチャーの祭典で、今年で100回目を迎えました。過去にはイベント期間でのべ75万人が来場したこともありましたが、今年はチケット制で17万人から18万人程度に来場者数を制限しての開催となっています。制限下でも、有名クリエイターのブースにはお目当ての画集をゲットしようと折り返すほどの長〜い列ができていました。

「大人の文化祭」とも呼ばれ人気を集めるコミケ。3年ぶりの夏開催に参加者も嬉しさを隠し切れない様子でした。