東京・上野動物園の人気者、ジャイアントパンダのシャオシャオとレイレイがまた一歩大人に近づきました。今回公開された最新映像では仲良く竹を頬張っています。

 お母さんパンダのシンシンと一緒にもぐもぐと竹を頬張るのは、双子のシャオシャオとレイレイです。おなかいっぱいになったのか、雄のシャオシャオは竹から離れてぐるんと前回りをしましたが、うまく起き上がれなかったのか思わずお母さんの腕につかまります。一方、木の上で器用に竹を食べていたのは雌のレイレイです。食欲だけでなく好奇心もいっぱいのレイレイはカメラが気になるのか、ぐっと近づく様子も見られました。

 食べ盛りの2頭の体重は最新の測定でシャオシャオが36.1キロ、レイレイが37.2キロとなり、それぞれ3週間前の計測から1.5キロ前後大きくなったということです。上野動物園によりますとこれまで竹を食べていたのはレイレイだけでしたがシャオシャオも食べ始めたということで、2頭とも一歩ずつ大人に近づいているようです。