世界中にファンを持ち日本でも幅広い世代に人気のある「美少女戦士セーラームーン」の特別展が港区六本木で開催中です。連日多くのファンが詰めかけています。

 特別展は連載開始から30年がたってもなお絶大な人気を誇る「美少女戦士セーラームーン」の魅力が詰まっています。原作の漫画やテレビアニメの名シーンの展示を見れば、当時の記憶がよみがえります。会場内には原作者の武内直子さんが書き下ろした新作の原画をはじめ、過去最多の600点を超える秘蔵資料が一堂に集められています。7月から始まったこの特別展は期間を区切って展示を入れ変えていて、何度訪れても楽しめるようになっています。会場には日本だけにとどまらず海外からも多くのファンが訪れていて、セーラームーンの人気の高さがうかがえます。アメリカ出身のファンは「4歳からセーラームーンのアニメを見ていました。セーラーマーズが一番好き。展示がクールで、衣装を見られるのが最高ですね」、北海道から訪れたというファンは「セーラームーンが大好き。永遠の憧れ」「感極まるしかないですね。胸いっぱい。ずっとここにいたい」などと話していました。

 さらに訪れたファンが楽しみにしているのが、セーラームーンミュージアムでしか味わえないオリジナルのメニューです。セーラー戦士をイメージしたソーダフロートや変身に使うコンパクトがあしらわれたデザートプレート、ほかにも「月にかわっておしおきオムライス」という名前の商品もあって、写真映えするメニューが並びます。中でも11月から登場してこれからの季節にぴったりなのがクリスマスパンケーキです。

 セーラームーンの世界を堪能できる特別展は12月30日まで六本木ミュージアムで開催されています。