聴覚障がいのある選手たちによるスポーツの祭典=デフリンピック。日本初開催となる2025年の東京大会を前にデフリンピックを知ってもらおうと11月26日、調布市で体験イベントが行われました。

 隠れた才能を発掘する目的で行われた今回のイベント、補聴器をつけた参加者たちがメダリストを前に自転車やバドミントンを体験しました。

 バドミントンに初挑戦という2人は、最初はなかなかシャトルに当てられませんでしたが懸命にチャレンジ。やがてきれいに打ち返せるようになり、将来はデフリンピックを目指すと熱い意気込みを語っていました。