東京・葛飾区の小学校で、プールの水が7日間にわたって流れ出ていたことが分かりました。これによる損失は100万円を超えていて、区は侵入者による犯行の可能性もあるとして、警視庁に捜査を依頼しています。

葛飾区立渋江小学校のプールでバルブが開いた状態となり水が出続け、道路に水があふれる事態がありました。事態が発覚したのは今年1月1日のことでした。きっかけは区民から区役所に寄せられた「小学校から水が道路にあふれている」という連絡でした。

区教育委員会の担当者は「連絡を受けた学校の校長・副校長・職員らがすぐに駆け付けて2時間半後には水道の線バルブを閉めた」と話し、職員が対応した結果、道路が冠水するといった影響はありませんでした。

しかしその後、区が調査したところ、水が流れ出ていた期間は去年=2023年12月26日から通報があった1月1日までの7日間で、その間に流れた水の量はプール約5.5杯分、金額にして約106万円に上ったということです。また、バルブが開いた原因などの特定には至っていないということです。

区教委の担当者は「非常に貴重な税金の中から106万円という金額を支出せざるを得なくなったことについては、非常に申し訳ない気持ちでいっぱい」と話しています。

区の教育委員会によりますと、このプールは一昨年=2022年9月から使われておらず、プールへの入り口も施錠されていたということです。調査の結果、職員らの人的ミスではないと判断し、何者かが校内に侵入した可能性も視野に5月20日、警察に捜査を依頼したということです。

<小学校のプールの水流出 対応は?>

葛飾区教育委員会は再発防止策として、各学校宛てに「定期的にプールの水道メーターの確認を行うよう」通知し、渋江小学校に関しては2カ所のバルブにチェーンと鍵を付ける対応を取ったということです。

学校プールの水の流出を巡っては去年、川崎市の小学校で約6杯分の水を出しっぱなしにするミスが起きて、当該教師と校長がおよそ95万円の賠償金を支払ったケースも起きています。

今回の葛飾区の件では、警視庁が事件性の有無を捜査しています。