都内の梅雨入りが想定より遅れたことから、台東区にある「松屋浅草」は天気に応じた値引きサービスの期間を今月末までに延長しました。

これは「松屋浅草」が梅雨の時期に客の来店を促進しようと、去年から始めた値引きサービスです。

実施条件は、当日午前9時時点の日本気象協会の予報で「区内の3時間天気予報」にて降水確率が50%以上の場合になります。また、今年からは降水確率50%未満の場合の、「晴れの日サービス」も導入しました。

適用されるのは地下1階と1階にある惣菜店や菓子店などで雨・晴れ合わせて35店舗です。値引きのサービスは本来、今月18日までの開催でしたが、都内の梅雨入りが想定より遅れたことによって、期間を今月末までに延長することになりました。