SAPジャパン、機械学習とAIを活用活用したサポート

SAPジャパン、機械学習とAIを活用活用したサポート

SAPジャパンは、次世代サポートのコンセプト強化項目に、AIを活用した機能とリアルタイムサポートのリソースを含むことを発表した。

カスタマーサポートを向上させる取り組みとして、SAP Digital Business Services部門では機械学習とAIの活用を続けており、ユーザーに対するリアルタイム・サポート・エクスペリエンスの最適化とビルト・イン・サポート機能の最適化を図っているという。

SAP CoPilotデジタルアシスタントのビルト・イン・サポートにより、SAP Integrated Business Planningソリューションのユーザーは、アプリケーション内からSAPにすばやくアクセスしてサポートを受けたり、SAP製品の改善に向けたアイデアを共有したりできる。

また、Expert ChatとSchedule an Expertにより、これらのツールが別のソリューションにも拡張され、SAPのサポートエキスパートに直接連絡できるようになった。機械学習とAIがバックグラウンドにあるので、サポートスペシャリストは必要な情報を取得し、ライブセッションでお客様に的確な助言を行えるとしている。

こうしたサービスを補完するものとして、さまざまなセルフサービスのオプションが用意されており、ユーザー自身で答えを素早く見つけることができるということだ。


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索