Microsoft Edge開発版、組織アカウントでサインイン強化

Microsoft Edge開発版、組織アカウントでサインイン強化

Microsoftは8月21日(米国時間)、「Sign-in and sync with work or school accounts in Microsoft Edge Insider builds - Microsoft Edge Blog」において、開発中のMicrosoft Edge(Canaryチャンネル、Devチャンネル、Betaチャンネル)に新たなサインイン機能を追加したと発表した。

この機能によって、職場や学校のユーザーがこれまでよりもサインインの煩わしさから開放されるほか、データ同期などによって複数デバイス間でEdgeを使う場合に便利になるとしている。

開発中のMicrosoft Edgeに追加されたというサインインに関連した機能は次のとおり。

組織アカウントでサインインした場合、同じアカウントでサインインしているすべてのデバイス間でデータを同期する。お気に入り、設定、パスワード、フォーム入力データが同期の対象となる。今後は閲覧履歴、拡張機能、タブなどのデータも同期の対象となる見通し。同期する対象は設定から変更可能
組織アカウントでサインインした場合、WebシングルサインオンをサポートするWebサイトおよびサービスに対して自動的にユーザー認証を実施する(職場のアカウントまたは学校のアカウントでMicrosoft Edgeにサインインした状態でOffice.comにアクセスすれば、自動的にサインインが実施されることを確認できる)


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索