CMS「Joomla」、WordPressへの流出が止まらない

CMS「Joomla」、WordPressへの流出が止まらない

Q-Successは10月22日(米国時間)、「Joomla loses nine times as many sites to WordPress as they gain from WordPress.」において、CMS (Content Management System)であるJoomlaからWordPressへのユーザー流出が続いていると伝えた。

WordPressからJoomlaに移ってくる9倍に当たるユーザがーJoomlaからWordPressへ移行しており、JoomlaからWordPressへの移行が止まらない状況が続いていることが示されている。

10月23日の時点で、WordPressからJoomlaへ移行したユーザーの割合は0.34%。逆に、JoomlaからWordPressへ移行したユーザーの割合は2.96%となっている。DrupalやTYPO3との間のユーザー移行に関してもデータが公開されているが、それらは0.02%から0.07%での推移となっており、WordPressと比較すると影響力は小さいものにとどまっている。

Q-Successの報告によれば、2019年10月におけるWordPressのシェアは34.6%で1位。2位はJoomlaだが、シェアは2.8%とWordPressと12倍以上の開きがある。Joomlaはシェア2位にあるものの、長期にわたってシェアを減らしており、CMSはますますWordPressが影響力を強める状況になっている。


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る