トヨタがキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」

トヨタがキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」

トヨタ自動車、トヨタファイナンシャルサービス、トヨタファイナンスの3社は11月19日、電子マネー決済、QRコード/バーコード決済など複数の支払い手段を搭載するスマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」を開発し、11月19日よりiOS版の無料提供を開始すると発表した。同アプリは、iOS向けアプリから提供を開始し、来春にはAndroid向けアプリの提供開始を予定しており、アプリの機能も順次拡充していく。

トヨタでは、すべてのクルマをコネクティッド化してモビリティサービスプラットフォームを構築すること、ビッグデータの活用を推進して顧客や社会に貢献すること、さまざまな企業と連携して新たなモビリティサービスを創出すること、の3点を柱とした「コネクティッド戦略」を掲げており、スマートフォンとモバイルネットワークはコネクティッド戦略を実現する中核技術として重要な役割を果たしていくと考えている。

そこで、同社は顧客の日常決済の利便性向上やモビリティ社会の基盤づくりに貢献するプラットフォームとなる決済アプリとしてTOYOTA Walletを開発。

主な特徴として、プリペイド型電子マネー「TOYOTA Wallet残高」、クレジット型サービス「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」、デビット型サービス「銀行Pay」という3つの支払い手段を搭載しており、用途に合わせて自由に支払い手段を選択できる。

今後、「どこでも・誰でも使える」シームレスなサービスの実現に向け、より多くの企業との連携を図り、決済サービスのみならず、金融サービスをはじめとした、人々の生活を豊かにする多様なサービスを拡充し、国内外で展開していくことに加え、全国5000店以上のトヨタ販売店で提供するサービスと同アプリによるデジタルサービスをかけ合わせ、個人のライフスタイルに合わせたコミュニケーションを実現していくという。

また、トヨタ販売店のみならず「トヨタレンタカー」「TOYOTA SHARE」「KINTO」「my route」「MONET」など、トヨタグループ内外のさまざまなモビリティサービスと連携を予定している。


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る