省エネスパコンランキング「Green500」-「富岳」プロトタイプが1位を獲得

省エネスパコンランキング「Green500」-「富岳」プロトタイプが1位を獲得

スーパーコンピュータ(スパコン)の性能ランキングであるTOP500にランクインしたシステムの中で性能/消費電力を競う「Green500」の2019年11月版が公表され、1位を日本の次世代スパコン「富岳」のプロトタイプが獲得した。

富岳のプロトタイプシステムは、富士通が製造し、同社沼津工場に設置したもの。富岳と同じArm SVE(Scalable Vector Extension)命令をサポートしたCPU「A64FX」を768個(36864コア)搭載しており、ピーク性能の2.3593PFLOPSに対し、LINPACK性能で1.9995PFLOPS、消費電力1Wあたりの性能で16.876GFLOPS/Wを達成した。

富岳プロトタイプのほか、日本勢は2位にPEZY Computingの「NA-1」(16.256GFLOPS/W)、6位に産業技術総合研究所(産総研)の「AI Bridging Cloud Infrastructure (ABCI)」(14.423GFLOPS/W)、8位に東京工業大学(東工大)の「TSUBAME3.0」(13.704GFLOPS/W)がそれぞれランクインしている。

なお、富士通では今後も、富岳の開発主体として、2021年ころの共用開始を目指した開発・整備を進めていくとしている。


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る