楽天グループはこのほど、運営するクチコミ就職情報サイト「楽天みん就」において、2022年卒業予定の学生を対象に調査した「楽天みん就 2022年卒IT業界就職人気企業ランキング」を発表した。

「楽天みん就 2022年卒IT業界就職人気企業ランキング」は、「楽天みん就」に登録している2022年卒業予定の大学生・大学院生1,469人の回答をまとめたもの。

学生が、調査対象企業201社から志望する最大7社を選択し、上位5社について各企業の志望理由を「仕事の魅力」「会社の魅力」「雇用の魅力」「採用活動の魅力」「志望職種」の5つの観点において回答したものを、「楽天みん就」がポイント化して集計した。

第1位となったのはNTTデータで、同社は12年連続で首位をキープしているという。第2位以降は、順に、楽天、富士通、SCSK、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)となっているが、トップ5は昨年と同様の結果となった。

上位30社をみると、日立システムズ(昨年30位→21位)、パナソニックシステムソリューションズジャパン(昨年35位→24位)、NECソリューションイノベータ(昨年59位→28位)と、ITメーカー系企業が順位を上げている。

「楽天みん就」は今年4月、全業種の企業を対象とした「楽天みん就 2022年卒就職人気企業ランキング」を発表している。こちらの第1位は伊藤忠商事で、以降は、NTTデータ、ソニーミュージックグループ、 味の素、花王となっている。NTTデータはこちらのランキングでも第2位と健闘している。