大日本印刷(DNP)は5月18日、リアルな店舗にマイクやカメラなどのセンシング機器を設置し、接客時の会話と来店客の行動のデータを取得して、生活者の潜在的な購買欲求(インサイト)を解析・可視化する「DNP店舗内CX*解析サービス」のトライアルパッケージの提供を開始すると発表した。

同サービスは、取得した接客時の音声データと生活者の行動データを解析し、その結果を一覧表示するツール(ダッシュボード)で可視化する。そして、顧客のインサイトを分析する情報として、企業にフィードバックする。取得して解析したデータは、企業のマーケティング活動や商品・サービスの改善、店頭での販促施策の改善、店員の教育や接客スキルの平準化など、企業のCX向上に活用することが想定される。

同サービスの想定提供価格は、店頭に設置したマイクによる接客会話データの取得・解析(トライアルパッケージ)が300万円からで、店頭に設置したカメラによる行動データの取得・解析が500万円からとなっている。

同社は、トライアルを経て、2022年には同サービスとしての提供を開始し、2023年度までに関連サービスも含めて約20億円の売上を目指す方針だ。