●Windows 11をインストールする方法 【USBメモリ編】
MicrosoftはWindows 11のISOイメージファイルを提供している。ISOイメージファイルを使うことで、Windows 11をクリーンインストールしたりアップグレードできる。本稿では、USBメモリを使ってISOイメージファイルからWindows 11をインストールする方法を紹介しよう。
Windows 11をインストールする条件

ISOイメージファイルを使ってWindows 11をインストールして利用するには、少なくとも次の5つの条件をクリアする必要がある。

Windows 11に対応したPC
Windows 11のライセンス
Microsoftアカウント
Windows Insider Programへの参加
ISOイメージファイルをDVDへ書き込むデバイスとメディアまたはUSBメモリ

ハードウェアの要件に対応したPCが必要なのはもちろんだが、当然ながらライセンスも必要だ。Windows 11のライセンスではなくても、Windows 10のライセンスでもよい。

Windows 11 ISOイメージファイルのダウンロードにはWindows Insider Programへの参加が必要なので、当然として前提条件となるMicrosoftアカウントの使用も必須となる。

あとは、ダウンロードしてきたWindows 11のISOイメージファイルを書き込むためのDVDデバイスまたはUSBメモリが必要だ。現在であればUSBメモリのほうが手軽だろう。
Windows 11に対応したPC

基本的に最近のPCであれば、Windows 11に対応しているはずなので問題ない。

Microsoftが公開しているWindows 11のハードウェア要件は次のとおり。

UEFIセキュアブートやTPM 2.0は、マザーボードが対応しているかどうかを確認する必要がある。CPUは注意が必要だ。条件を満たしていても古いプロセッサは使えない可能性がある。試す分には問題ないが、ある程度古いプロセッサでは使えないこともあるということは知っておこう。

Windows 11のISOイメージファイルをダウンロード

Microsoftアカウントはすでに持っている方が多いだろう。まだ持っていないなら次のページからMicrosoftアカウントを作成する。

Microsoft アカウント

Windows Insider Programへの参加は、設定プリケーションから「更新とセキュリティ」→「Windows Insider Program」→「開始する」を選択して参加する。参加したら次のページにアクセスしてダウンロードを開始する。次のページでWindows Insider Programに参加したMicrosoftアカウントでサインインすれば、ダウンロード処理を進めることができる。

Windows Insider Preview Downloads

最初にダウンロード対象を選択する。ここで表示されているのは次の候補だ。Devは開発版であるため時に不安定、Betaは比較的安定している。積極的に新しい機能を試すならDevを、より安定した状態を試すならBetaを選択すればよい。ライセンスがEnterpriseならEnterpriseの方をダウンロードする。

Windows 11 Insider Preview (Dev Channel)
Windows 11 Insider Preview (Beta Channel)
Windows 11 Insider Preview Enterprise (Dev Channel)
Windows 11 Insider Preview Enterprise (Beta Channel)

言語として「Japanese」を選択し、「64-bit Download」を選択すればダウンロードが開始される。


ISOイメージファイルをDVDまたはUSBメモリへ書き込む

ダウンロードしてきたISOイメージファイルはDVDかUSBメモリへ書き込む。ただのコピーではダメだ。起動可能なメディアとして作成する必要がある。DVDはWindowsの機能を使って書き込めばよい。USBメモリへ書き込む場合は、サードパーティ製ツールを使う必要がある。多くのケースで使われているのはRufusと呼ばれるアプリケーションだ。

Rufus

Rufusの使い方は簡単だ。ダウンロードして実行すればよい。次のようなダイアログが起動してくる。

USBメモリを挿入すればデバイスに挿入したUSBメモリが表示される。ダウンロードしたISOイメージファイルを選択すれば準備は完了だ。最後にもう一度デバイスに表示されているUSBメモリがインストーラで上書きしてもよいものかを確認し、「スタート」を押す。

ISOイメージファイルを書き込んだUSBメモリの内容は削除される。消えては困るデータがある場合にはどこかにバックアップを取っておく必要がある。
Windows 11をインストール

あとは作成したDVDまたはUSBメモリからPCを起動して、インストーラの指示に合わせてインストールを進めていけばよい。インストールで特に困ることはないと思う。

これでインストールは完了だ。

Windows 11、アドバンスドセットアップ

「CapsLock」と「Ctrl」キーを入れ替えるとか、ホームディレクトリの名前を自分の好きなものに変更するといったアドバンスドユーザー向けの調整を行いたい場合は、この段階で作業を行っておこう。次の記事を参考にしてもらえればと思う。

Windows 10で「CapsLock」と「Ctrl」を入れ替える方法【PowerToys編】 | TECH+
Windows 11でホームディレクトリの名前を変える方法 | TECH+

インストール直後は普段行わないような設定や調整を行うよいタイミングだ。このタイミングでWindows 11の中身をよく調べるなどして、自分の使う環境をなるべく把握できるようになっておきたい。
Windows Updateで最終確認

MicrosoftはWindows 11のサポート要件の厳密化を進めている。たとえWindows 11をインストールできたとしても、どこかのタイミングで「Windows Update」が実行できなくなる可能性がある。まず、Windows Updateを実行してアップデートが可能なのかどうか調べておこう。

比較的新しいPCを使っている場合はその不安はないが、古めのPCを使っているなら、Windows Updateが適用できなくなる可能性があることは認識しておきたい。その場合は、より新しいPCでWindows 11を利用することを検討する必要があるだろう。

注意:Windows 11 Pro Insider Preview Build 22454およびWindows 11 Pro Insider Preview Build 22458にて動作を確認。これ以降のアップデートおよびビルドでは動作が変わっている可能性があり注意が必要。