『Reborn-Art Festival 2019』オープニングイベント、石巻市で8月開催

『Reborn-Art Festival 2019』オープニングイベント、石巻市で8月開催

音楽プロデューサーの小林武史氏らが、25日に行われた「Reborn-Art Festival 2019」開催概要発表会に出席した。

第2回開催となる同イベントは、「いのちのてざわり」がテーマ。8月3日〜9月29日の58日間、宮城県の牡鹿半島・石巻市街地を中心にアート・音楽・食の「総合祭」として開催される。

また、8月3日、4日には、宮城県・石巻市総合体育館でオープニングイベントが開催されることが発表された。58日間のオープニングを飾る音楽イベントとなり、日本語で作られてきた名曲をアート的なオリジナリティととらえて、映像とともに視覚化させ表現するイベントとなる予定。出演アーティストは後日発表される。

そして2017年に第1幕が上演された「post rock opera『四次元の賢治』」の完結版が、7月13日に岩手県・釜石市民ホールTETTO、9月22日・23日に宮城県・塩竈市杉村惇美術館にて上演される。

宮沢賢治を原案に中沢新一氏が脚本、小林氏が音楽を担当。満島真之介、Salyu、水曜日のカンパネラのコムアイ、ヤマグチヒロコらが出演する予定だ。

小林氏は「手前味噌ですが、非常にやれた実感、手応え、評価があった」と第1幕を振り返り、完結版についても「むちゃくちゃみんなやる気なので」と話していた。


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索