モデルのマリエが19日、インスタグラムを更新し、「決して立ち止まらず、前に進む」と決意を表明した。

今月4日、インスタグラムのライブ配信で、18歳の頃に枕営業を求められたと告発したマリエ。11日には「Yes it’s happened in that day. Thank u for your memory.」の英文に加え、日本語でも「そうですその日の打ち上げでの出来事でした。私は嘘をつきません」と投稿していた。

この日も英語と日本語で思いをつづり、「パワーハラスメント、セクシャルハラスメントの体験談をシェアしてくださった皆様、ありがとうございました」と感謝。「今後、これ以上多くの犠牲者を出さないためにも」「皆様の心に癒しと愛が溢れますように」と願い、「この現状への理解を深めることが大切だと痛感しています。私は決して立ち止まらず、前に進む。いつもそうしているように」と記している。