東京都交通局、都営浅草線・都営三田線・都営新宿線で記念特別企画

東京都交通局、都営浅草線・都営三田線・都営新宿線で記念特別企画

東京都交通局は8日、都営浅草線が11月15日に全線開業50周年、都営三田線が12月27日に開業50周年、都営新宿線が12月21日に開業40周年を迎えることを受け、記念マーク付き電車の運行や記念「都営まるごときっぷ」の発売、開業時の駅名標デザイン復刻、都営三田線開業50周年・都営新宿線開業40周年記念ICパスケース「タッチアンドゴー」発売といった特別企画を実施すると発表した。

都営浅草線では、5500形1編成の車両前面に記念マークを掲出し、2018年11月15日から2019年1月31日まで運行。都営三田線では6300形にヘッドマークを掲出。2種類のデザインで各1編成運行するとのこと。2018年11月17日から2019年1月31日まで運行され、11月17日の「都営フェスタ」会場でも展示される。都営新宿線では10-300形1編成の車両側面に記念マークを掲出し、2018年11月21日から2019年1月31日まで運行する。

記念「都営まるごときっぷ」は、都営浅草線・都営三田線・都営新宿線の新旧3種類の車両をデザインし、都営浅草線デザインは都営浅草線各駅(押上駅を除く)と日暮里・舎人ライナー各駅、都営三田線デザインは都営三田線各駅(白金高輪駅・白金台駅・目黒駅を除く)、都営新宿線デザインは都営新宿線各駅(新宿駅を除く)で11月15日から販売する。発売額は大人700円・小児350円。各デザイン3万枚が売り切れ次第終了となる。

開業時駅名標デザインも復刻。都営浅草線は西馬込駅、都営三田線は高島平駅、都営新宿線は東大島駅のホーム駅名標を開業時のデザインに復刻し、2018年11月15日から2019年1月31日まで掲出する。

都営三田線開業50周年・都営新宿線開業40周年記念ICパスケース「タッチアンドゴー」は、11月19日から都営三田線の日比谷駅・水道橋駅・巣鴨駅・高島平駅、都営新宿線の市ヶ谷駅・馬喰横山駅・本八幡駅にて各駅100個の限定で発売(売り切れ次第終了)。発売額は700円で、11月17日の「都営フェスタ」会場で先行発売も行われる。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索