「iPhoneの使用言語」を変えても、変わらないアプリがあります!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

「iPhoneの使用言語」を変えても、変わらないアプリがあります!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

iPhone(iOS)は多言語対応のオペレーションシステムです。ユーザが言語を切り替えれば、アプリのボタンや時折現れるダイアログまで、表示される文字列は一斉に切り替わります。『設定』→「一般」→「言語と地域」→「iPhoneの使用言語」の順に画面を開き、使いたい言語を選べば設定は完了です。

アプリも「iPhoneの使用言語」で選んだ言語を基準とするものの、適用ルールを変更できます。「言語と地域」画面にある「使用する言語の優先順位」に、アプリで使いたい言語を追加し優先順に並べ替えればOKです。アプリを起動すると、ここで設定した優先順位に従い言語データの有無を確認し、存在すればその言語を、存在しなければ次の順位の言語を試し、該当がなければデフォルトの言語が適用されます。

なお、アプリがどのような言語データを持つかは、そのアプリの開発者の方針によります。iOSに標準装備のアプリは、膨大な数の言語に対応していますが、App Storeで公開されるサードパーティーアプリには強制されていません。たとえば、日本のApp Storeで公開されるアプリは日本語対応が必須なものの、その他の言語への対応は任意です。

つまり、「使用する言語の優先順位」に自分が希望する言語を選んでも、アプリが対応しているとはかぎりません。ロシア語での表示を希望したところで、アプリにロシア語データが収録されていなければならないため、結果として他の言語が表示されるというわけです。

なお、App Storeではアプリの紹介文にある「言語」欄に、対応する言語が記載されています。海外の開発者によるアプリは多くの言語に対応していますが、日本の飲食店を紹介するアプリなど地域性が高いものについては、日本語のみ対応ということが多いようです。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索