ソニーが超小型カメラ「RX0 II」、チルト液晶や4K動画で強化

ソニーが超小型カメラ「RX0 II」、チルト液晶や4K動画で強化

ソニーは3月26日、耐衝撃構造の超小型デジカメ「RX0 II(Cyber-shot DSC-RX0M2)」を発表した。2017年10月に発売した「RX0」の派生モデルで、背面液晶をチルト式にしたのが大きな変更点。動画は、新たに4K動画の撮影に対応した。価格はオープンで、予想実売価格は税別85,000円前後。発売日は4月12日。

マッチ箱をひとまわり大きくした程度のサイズに、1型の大型センサーを搭載した超小型デジカメ。本体は10mの防水性能や防塵性能、2mの耐落下性能や200kgfの耐荷重性能など、優れた堅ろう性も備える。

基本性能やデザインはRX0を受け継ぐが、1.5型の背面液晶を新たにチルト構造としたのがポイント。上方向に180度、下方向に90度動くので、ハイアングルやローアングルの撮影だけでなく、自分撮りも手軽にできるようになった。新たに美肌モードを搭載し、顔の小じわやくすみを軽減できるようにした。チルト液晶の搭載により、厚みはRX0の29.8mmから35mmに、重さは110gから132gに増加している。

動画は、本体のみで4K動画の撮影に対応し、動画撮影時に電子式手ぶれ補正機能が働くようにした(写真撮影時は機能しない)。さらに、スマホ用の新しいアプリ「Movie Edit add-on」を使うことで、ジンバルを利用して撮影したようななめらかな動画に仕上げることも可能。被写体を常に中心に据えた動画を生成する機能も持つ。

24mm/F4の単焦点レンズは従来と同じだが、最短撮影距離を従来の50cmから20cmに短縮し、料理など撮影の幅を広げた。画像処理エンジンも改良し、従来の1.8倍に処理速度を高めた。

本体サイズはW59×H40.5×D35mm、重さは約132g(メモリーカード、バッテリー含む)。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索