テーブル美術館第7弾、ムンクの叫びフィギュアが再販決定

テーブル美術館第7弾、ムンクの叫びフィギュアが再販決定

エドヴァルド・ムンクの代表作「叫び」がマックスファクトリーのアクションフィギュアシリーズ「figma」で立体化され、2019年8月に再販される。価格は5,370円(税抜)。

「だれもが知っているあの芸術作品が、figmaになって動き出す」、それがテーブル美術館シリーズ。第7弾の今回は、エドヴァルド・ムンクの代表作である「叫び」を立体化。「不安」をテーマとしながらも、見るものを惹きつけてやまない芸術の傑作を、可動フィギュアという新しいスタイルで再現しているとのこと。

「figma 叫び」は、figmaオリジナル関節パーツで、さまざまなアクションポーズを再現。表情豊かな手首パーツが付属。本体の底面には磁石を内蔵している。


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索