『ゾイド』セイバータイガーのマーキングプラスVer.がHMMでプラモデル化

『ゾイド』セイバータイガーのマーキングプラスVer.がHMMでプラモデル化

『ゾイド』シリーズより、新規デカールを追加したセイバータイガーがHMMシリーズにて発売される。2019年12月発売予定で、価格は6,000円(税抜)。

「セイバータイガー」は、『ゾイド』アニメシリーズにて、ゼネバス帝国が開発した史上初の大型高速戦闘ゾイド「サーベルタイガー」を強化改造した機体。「EZ-016 セイバータイガー マーキングプラスVer.」は、セイバータイガーに新規デカールを追加したプラモデルで、曲面を主体に構成されたデザインの中に広い可動範囲を誇る関節を内蔵している。

また、ボーナスパーツとして、頭部コックピットのクリアーパーツにはクリアーグリーンに加えて無色クリアー成型のものが追加され、好みのクリアーカラーで塗装することが可能とのこと。付属の帝国共通武装は機体各部へ付け替えることもでき、頭部コックピットに登場させることのできる一般パイロットのフィギュアが付属する。

(C)TOMY ZOIDS is a trademark of TOMY Company,Ltd.and used under license.


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索