Microsoftは米国時間2021年4月8日、64ビット版OneDriveのパブリックプレビューをリリースしたと公式ブログで発表した。現在のブランド名に改称する以前の2012年8月に登場したWindows 8は、すでに64ビット版が主流になりつつあり、当初は64ビット版OneDriveも順次登場すると思っていたが、それから約9年。ここまで待たされるとは想像できなかった。

64ビット版OneDriveはこちらからダウンロードできるものの、インストールまでには一手間必要である。OneDriveクライアントは透過的にバージョンアップするため、セットアップファイルを実行すれば済むと思いきや、筆者の環境ではOneDriveクライアントのアンインストールが必要だった。

通常のバージョンアップと異なり、Microsoftアカウントへのサインインを求められ、再びセットアップウィザードを実行せざるを得なかった。別の環境ではOneDriveはサインインも自動的に行われたが、OneDrive for Businessは再設定が必要。なお、Windows 10 Insider Previewではすでに64ビット版OneDriveがインストールされていた。

64ビット版OneDriveへの更新自体は難しくないものの、先の公式ブログによれば正式リリース時は自動的に64ビット版へ更新されるという。現時点で同期速度や内容に変化はないので、新しもの好きでなければ正式版のリリースを待った方がいいだろう。

著者 : 阿久津良和 あくつよしかず 1972年生まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsとLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。ご連絡は以下のサイト内設置したフォームからお願いいたします。https://www.cactus.ne.jp/ この著者の記事一覧はこちら