パナソニックは4月20日、Bluetooth接続のワイヤレスステレオインサイドホン(イヤホン)「RZ-NJ320B」を発表した。対応コーデックはSBCとAAC。本体カラーはブルー、ブラック、ホワイトの3色。発売日は5月21日、推定市場価格は4,300円前後となっている。

パナソニックの調査によると、ワイヤレスイヤホンの使用時に困る点として「充電を忘れると使えない」を挙げる人が6割を超え、充電に関する不満が多かった。使用時間については、回答者の約9割が1週間に15時間以下と回答したという。

RZ-NJ320Bはこうした充電ニーズを踏まえ、約18時間の連続ワイヤレス再生(AAC)という長いバッテリー駆動時間を持たせ、週に一度の充電でも1日に約2時間ずつ使い続けられるようにした。急速充電にも対応しており、15分間の充電で約90分の連続再生が可能だ(フル充電は約3時間)。充電端子はUSB Type-Cで、約10cmの充電ケーブルが付属する。

カフには耳から外れにくくなる楕円形の「ダブルホールド形状」を採用。耳の穴の手前にある三角の軟骨部(トラガス部)と、反対側の軟骨部のアンチトラガス部に引っかけるように装着。ぴったりとフィットして安定した装着感が得られる。

左右のハウジングにはマグネットを内蔵。耳から外して首にかけたとき、左右のイヤホンがくっつくので首から落ちにくい。また、ケーブルはバッグの中で絡まりづらく携帯しやすいフラットケーブルだ。

ケーブル部分にはリモコンとマイクがあり、再生や一時停止、ボリューム、曲送り・曲戻しといったコントロールのほか、ペアリングしたスマートフォンで通話したり、音声アシスタントを呼び出したりといった操作も行える。

9mmのドライバーユニットは、クリアな中高域からビートのきいた低音まで高品質に再生し、街中でも在宅でも気軽に音楽を楽しめるとしている。再生周波数帯域は20Hz〜20,000Hz、BluetoothバージョンはVer.5.0、重さは約18g。