アップルが、Apple Musicの音質面で2つの大きな改良を発表しました。1つが、ドルビーアトモスによる空間オーディオの導入で、対応機器を用いれば臨場感のあるサウンド体験が楽しめます。もう1つがロスレスオーディオへの対応で、CDを超えるクオリティのサウンドが楽しめます。いずれも、Apple Musicを契約しているユーザーは追加費用なしで利用できます。提供開始は6月の予定。

ドルビーアトモスによる空間オーディオは、周囲のあらゆる方向や頭上から音が聞こえるようになる技術。H1チップやW1チップを搭載したすべてのAirPodsとBeatsのヘッドフォンに加え、iPhone、iPad、Macの内蔵スピーカーで再生できます。

ロスレスオーディオは、7500万を超える楽曲が16ビット/44.1kHzのCD品質から、最大24ビット/48kHzの高音質で収録され、Appleのデバイスでそのまま再生できます。最大24ビット/192kHzのハイレゾリューションのロスレスも提供され、別途USB接続のDAコンバーター(DAC)などの外部装置を利用すれば楽しめるようになります。