広報おたる(北海道小樽市)

令和3年9月号

~(仮称)第3次小樽市男女共同参画基本計画を策定します~

市では、「第2次小樽市男女共同参画基本計画」に基づき、男女共同参画社会の実現へ向け、さまざまな施策に取り組んできました。この計画が令和4年度で終了するため、新たに第3次計画を策定する予定です。そこで、計画策定の趣旨や今後の予定などについてお知らせします。

■男女共同参画社会実現のため
男女共同参画社会とは、男女が性別に関わらず、その個性と能力を十分に発揮することができる社会のことです。
この男女共同参画社会の実現を理念とする「男女共同参画社会基本法」に基づき、市では、平成15年に「小樽市男女平等参画基本計画」を、25年には次の三つの基本目標を柱とする「第2次小樽市男女共同参画基本計画」を策定。
1.男女の人権の尊重と男女共同参画の意識づくり
2.あらゆる分野への男女共同参画の推進
3.男女が多様な生き方を選択できる環境づくり
この基本計画に基づき、これまで、さまざまな施策に取り組んできました。

■新たな計画を策定します
しかし、社会の一部では、いまだに男女の固定的な役割分担意識などが根強く残っており、男女共同参画社会の実現は道半ばの状況です。
現行計画が、令和4年度末で終了することから、これまでの取り組みを土台にして、推進すべき施策を再確認するとともに、社会の変化や新たな課題などを踏まえ、「(仮称)第3次小樽市男女共同参画基本計画」を策定します。
3年度は、市民意識調査と現計画の事業評価を行います(意識調査については、「市民意識調査を行います!」を参照)。また4年度は、意識調査の結果や事業評価を基に、広く市民の皆さんから意見を伺い、基本計画を策定します。

■市民会議への参加を
市では、基本計画の策定や推進のほか、男女共同参画社会実現に解決が必要な課題について話し合うため、「男女共同参画推進市民会議」を設置しています。
委員は、学識経験者や関係団体などの代表者・推薦者、市民公募委員で構成し、市に意見を述べていただきます。
このたび、新たな市民委員を募集します。男女共同参画に興味をお持ちの方は、ぜひ、ご応募ください(詳しくは「男女共同参画推進市民会議「市民委員」を募集」をご覧ください)。

男女共同参画課では、皆さんと協力し、さまざまな取り組みを進めていきます。

お問い合わせ:男女共同参画課へどうぞ。
【電話】0134-22-5904
【FAX】0134-22-6081

■市民意識調査を行います!
男女共同参画の意識が、どの程度市民の皆さんに浸透しているかを把握し、基本計画の基礎とするため、市民意識調査を実施します。対象は20歳以上の方2000人です。対象者の方に調査用紙を送付しますので、提出期限までに返送してください。皆さんのご協力をお願いします。

■男女共同参画推進市民会議「市民委員」を募集
対象:市内に住むまたは通勤する方・3人
任期:11月から2年間
申し込み:住所、氏名(ふりがな)、年齢、職業、連絡先、簡単な応募動機を明記し(様式は自由)、郵送またはメールで9月24日(金)までに男女共同参画課へ
【宛先】〒047-0024 花園2-10-18
【電話】0134-22-5904
【FAX】0134-22-6081
【E-mail】kyodo-sankaku@city.otaru.lg.jp

■LGBT多様な性の在り方への理解を
社会には、男性・女性の性に当てはまる人だけではなく、恋愛対象が同性である人や身体と心の性が一致しない人がいます。
LGBTとは、
L…レズビアン~女性を好きになる女性
G…ゲイ~男性を好きになる男性
B…バイセクシュアル~同性も異性も好きになる人
T…トランスジェンダー~身体の性に違和感を持つ人
これらの頭文字を取った、性的マイノリティー(少数派)の総称の一つです。このほかにも、自分自身の性を決められない・分からない人など、さまざまな人がいます。
多くの皆さんは、身近にはいないと思っているかもしれませんが、差別や偏見を恐れて、秘密にしている人も少なくありません。大切なことは、自分の習慣や常識となっている考え方が、性的指向・性自認に関する差別やハラスメントにつながらないか、見直しが必要か考えてみることです。
すべての人が個人として尊重され、自分らしく生きられる社会の実現を目指し、多様な性の在り方に理解を深めましょう。

詳細:男女共同参画課
【電話】0134-22-5904
【FAX】0134-22-6081