広報きょうごく(北海道京極町)

令和3年4月号

令和3年第1回定例会の開会にあたり、京極町教育委員会所管行政の執行につきまして、京極町教育大綱の基本目標「個性を育み、絆を深めるまちづくり」をもとに、学校教育・社会教育の施策の大要を申し上げます。
急激に変化する時代とともに科学技術や産業構造の発展、新型コロナウイルス感染症への対応など、生活のスタイルが移りかわる中、私たちは予測が難しい時代を生きています。
将来、子供たち自身が学んだ力を活かしていくためには、知識や技能だけではなく、今後、子供たちが経験していくであろう様々な問題を解決していくために必要な思考力、判断力、表現力を伸ばし、それらを活かしていくための学びに向かう力や人間性の涵養が必要とされます。一人一人の子供たちが自分自身の良い所や可能性を認識し、種々の社会的変化を乗り越えて、豊かな人生に向かえるよう地域社会と協働した学校教育・社会教育の充実を目指して取り組んでまいります。

■「社会で活きる力」
1つ目は、義務教育9年間を見通した確かな学力を育むことです。
小学校、中学校が連携し、次の学年へのつながりを意識した授業づくりと、学年間および学校間の円滑な接続を重視した取組を推進してまいります。あわせて、京極町教育研究所及び京極町教育研究会の協働による調査・研究から、創意工夫ある学習活動のさらなる構築を図ってまいります。
また、学力向上と生活習慣づくりは家庭と学校とのつながりが肝要であります。「家庭学習の手引」、「授業のきまり」、「生活リズムチェックシート」等を活用し、学習規律や望ましい生活リズム、家庭学習の習慣の定着に向け、継続して取り組んでまいります。
2つ目は、習熟度別少人数指導など個に応じた教育と特別支援教育についてであります。習熟度別少人数指導については、加配教員や非常勤講師の継続により、これまでの実践をさらに充実させてまいります。特別支援教育については、「個別の教育支援計画」、「個別の指導計画」等を用い、特別支援学級に限らず、通常の学級に在籍する児童生徒に対しても、通級指導教室との連携や特別支援教育支援員の配置を活かした取組みを継続してまいります。
3つ目として、ICTを活用した学びの充実であります。文部科学省のGIGAスクール構想によって1人1台端末の整備と校内外における高速大容量の通信ネットワークの拡充が完了し、今年度は1人1台端末のより有効な活用法を考え、実践を積み重ねていく段階に入りました。授業の活性化と深化を図りながら、子供たちの情報活用能力を伸ばし、プログラミング的思考を身につける学習環境づくりに引き続き取り組んでまいります。
あわせて、教員がICT機器を効果的に利活用できるよう、研修等のサポートを実施してまいります。
4つ目に、子供たちが学ぶことを通して自己の将来を見通していけるよう、一人一人の社会的、職業的自立に必要な資質・能力を育てることを目的に、特別活動を要としながら、全教科活動を通したキャリア教育の推進に努めてまいります。
そのために児童生徒が9年間を通じて自らのキャリア発達への見通しを持ち、振り返りながら学んでいくためのキャリアノートを昨年度から作成しております。2年目は、昨年度の記述を振り返り、よりよい自己実現につなげられるよう取り組んでまいります。

■「豊かな人間性」
主体性や思いやりの規範意識等を身につけることは、社会の中で児童生徒がよりよく生きていくための基盤となります。1つ目は、小中学校における特別の教科道徳の取組です。答えが一つではない道徳的な課題を児童生徒が自分自身のこととして感じ、自己が考えたことを他者との議論を通して、物事を多面的・多角的に捉え、お互いを思いやれる心の醸成に努めてまいります。
2つ目は、いじめや不登校の未然防止と早期発見、早期対応に向けて定期的な調査や教育相談に加え、日常的な児童生徒への声掛け、様子の見取りを継続するとともに、インターネット上のトラブルから児童生徒を守る取組を推進してまいります。
また、スクールカウンセラーの学校派遣を通して、児童生徒や保護者のニーズに寄り添った相談体制の充実を図ってまいります。
3つ目に、ふるさとへの愛着や誇りを育むことは、心の醸成にもつながると考えております。学校でのふるさと教育の一環として、小学校では社会科副読本等を活用し、中学校では総合的な学習の時間を通して、本町の歴史や産業、地理などから、私たちの住む町を学び続けていくことを継続してまいります。ふるさと京極を学び、理解を深めた小学4年生、5年生が丸亀市の子供たちと相互交流を図る視察研修会を継続して行っております。今年度は本町から丸亀市へ訪問する計画を進めてまいります。
また、昨年度、コロナ禍でやむなく中止となりました丸亀市からご来訪いただく計画は今年度、実施することで調整をしております。
4つ目として、豊かな心を育むことや人間形成のための一策として、読書活動は有用であるといわれております。読書によって言語能力が身につくことで表現力・想像力・語彙力が養われます。子供たちがより一層、読書に慣れ親しめるよう、京極町子どもの読書活動推進計画に則し、湧学館図書室を拠点に各学校との連携と就学前の子供たちに向けた事業の取組を継続して推進してまいります。