広報しべちゃ(北海道標茶町)

No.763 2021年9月号

■台風対策について
初夏から秋にかけては、台風や大雨、ゲリラ豪雨などの自然災害が発生しやすい季節です。被害をできるだけ少なくするために、最新の天気情報を確認して早めの台風対策をしましょう。

◇家の外の台風対策
・窓や雨戸はしっかり閉める。
・排水溝や側溝は掃除をしておく。
・風で飛ばされそうな物は、あらかじめ固定したり、家の中に運んでおく。
※雨や風が強くなってきてからの外での作業は大変危険です。早めに準備しておきましょう。

◇家の中の台風対策
・窓ガラスが割れた時の飛散を防ぐため、飛散防止フィルムを貼っておく。・停電時に備え、ロウソクや懐中電灯などを用意しておく。
・避難時に持っていく防災グッズを準備しておく。
・近所の避難場所と避難経路を確認しておく。
・自分の住んでいる場所のハザードマップを確認しておく。

■交通事故を目撃したら
天気のいい日が続き、車やバイクなどでドライブをする人が増える時期です。万が一、事故を目撃したら、皆さんはどうしますか?突然の事故で気が動転してしまうかもしれませんが、もしもの時に対応できるよう心掛けておきましょう。

◇交通事故を目撃したら…
・すぐには近づかず周りを見渡し、自分自身の安全確保をする。
(煙が上がっていたら近づかない)
・けが人や乗員人数を確認する。
・周りの人に助けを求める。
・むやみに傷病者を動かしたりしない。
(脊髄(せきずい)や首などを痛めている可能性があるため)
・警察や消防に連絡し、指示を受ける。

■7月26・27日、標茶消防署訓練場にて車両救助訓練を実施しました。この訓練では、交通事故などで車から出られなくなった人を救出する方法や、車両を破壊した救助方法などを学びました。

問合せ:標茶消防署
【電話】015-485-2021
【HP】http://www.town.shibecha.hokkaido.jp/~sfsma/