広報ふたば(福島県双葉町)

2023年11月 災害版 No.150

9月18日、東日本大震災並びに福島第一原子力発電所事故により立入り規制が続いたことによる損傷と老朽化のため、再建工事を進めていた新山・秋葉神社の社殿が完成し、竣功式が行われました。
社殿は、旧中央公園(山頂)へ移転して新築され、竣功式では氏子や新山地区、下条地区住民の代表が心のよりどころであった神社の完成を祝いました。
震災当時の社殿は、昭和29(1954)年に山頂にあった社殿が焼失した際に、少し下の場所に再建されたものだったとのことです。このたび協議した結果、山頂に新築することが決まり、再建に至りました。
竣功式当日は、新山芸能保存会による神楽の奉納が、約20年ぶりに境内で行われました。